かつては増改築、いまはリフォームと呼ばれているが、中身はどこが違うの?

 

かつては増改築、いまはリフォームと呼ばれているが、中身はどこが違うの?

増築と改築も厳密に言えば、内容が異なる!

 

 

確かに、昔はリフォームというような言葉は使いませんでした。

新築以外は増改築という言葉が普通でした。

最近に至って、スマートさや垢抜けた印象というのが、PR上必要となって登場してきた言葉と言ってもいでしょう。

増築と改築も厳密に言えば、内容が異なるので、整理してみると次のようになります。

まず、増築ですが、建築基準法の定義によると、既存の建物に付け足すように全体の床面積が増加するものとされています。

同じ棟で部屋を増やすようなケースです。

同じ敷地内で別棟を建てるようなときにも使いますし、別の土地から移転してきた場合も使います。

改築は、既存の建物の全部か一部を除去したり、あるいは風水害などの災害で滅失したときに、引き続いてこれと同じ用途、規模、構造の著しく異ならないものにすることを言います。

増築も改築も新築と異なるので、建築基準法上の届け出が面倒でないということがあります。

これに対してリフォームですが、原則的には建設から年数が経過することに伴って、傷んできた内装、外装、設備、デザイン、カラーなどを改良して住み心地を良くするということです。

日本語で言えば改修という言葉が一番近いでしょう。

建築基準法で言うと、修繕、模様替えということになります。

もちろん、最近は前述の通り、増改築を指すこともあります。

引っ越しを考えて物件を当たると、リフォーム済という表現を目にしますが、この場合は、壁紙とか、畳替え、壁の塗り替えなどを行い、新築のように綺麗にしてあり、気持ちよく済めますよということを示しています。